ノーベル賞受賞成分配合の 新感覚スキンケア EGF Silky..*
まずは1ヶ月お試しください。満足いただけなければ返金いたします

顔脱毛の方法

顔脱毛の方法@顔脱毛でオシャレ顔になる

一口に顔脱毛といっても、顔にもいろんな部位、いろんなタイプの毛があるわけですから、顔脱毛の場合には、複数の脱毛法を使うのが、好ましいでしょう。

顔脱毛の方法を大きく分けると、自己処理による脱毛、医療脱毛、エステ脱毛、の3つに分けられるかと思います。

エステやクリニックでの永久脱毛は、その後の処理が一切いらなくなりますが、他の方法と比べると少々金額がかかるでしょう。
しかし、エステや美容クリニックなどで行っている顔の永久脱毛は、最も顔脱毛の効果がある方法ですね。

この場合は、眉の周りなら電気脱毛で顔脱毛し、顔全体の産毛は光脱毛やレーザー脱毛などと、方法を使い分けた顔脱毛を薦められるようですよ。

顔脱毛の効果としては、なんと言っても脱毛後の顔のラインがスッキリして小顔にみえるということでしょうね。
さらに、顔全体がスベスベ肌になり、素肌美人になれることですね。

エステなどでは、顔脱毛のカウンセリングやお試し顔脱毛の無料体験などのサービスもあるようですので、まずは、こういうのを利用して体験してみるのもいいでしょう。

自分で行う顔脱毛の方法は、主に次のようなやり方があります。

1.毛抜き
肌を傷つけないで手軽にできるという顔脱毛の効果があります。
しかし、毛抜きを使うと時間と手間がかかること。また、肌が弱かったり繰り返し同じ箇所を抜いたりすると、抜いた部分から炎症を起こしてしまうことがデメリットとなります。

2.カミソリ
カミソリを使うと、広い範囲のうぶ毛が剃れるという顔脱毛の効果があります。
しかし、よく注意をしないとすぐに顔を切ってしまうこと。
さらに、自然に生えてきた毛は先端が細くなっていますが、剃った場合は太い部分で裁断されるため断面積が広く見えること、などがデメリットとなります。

3.電気シェーバー
最近は、顔脱毛専用の電気シェーバーなども販売されていて、カミソリよりも安全で広範囲の脱毛ができるという効果があるようです。

4.脱毛クリーム、ワックス
脱毛クリームや脱毛ワックスを使うのも、お肌に合えば手軽に顔脱毛ができるという効果があるようです。
ただし、敏感肌の方には肌あれなどのトラブルが起こる可能性がありますし、場合によっては肌まで溶かしてしまうこともあるので、充分な注意が必要です。

5.市販の家庭用光脱毛器
永久脱毛は、家庭でも手軽に出来るものがあります。
家庭用光脱毛器は、フラッシュライト方式のものやピンポイントで処理できるものなど、価格と共に各種販売されています。
顔脱毛後に、アンチエイジングコスメを使ったりすると、効果があがるそうですよ。

顔脱毛の処理を自分で行う方は、気軽に家庭で行え、費用も安価で済みます。
しかし、間違った方法で処理し、皮膚を傷つけたり、炎症などを起こすなどのトラブルにあう方も多いようです。
他にも、毛穴の黒ずみや肌荒れ・埋没毛・ばい菌の進入による毛穴の化膿などもよく起こり得るそうですし、色素沈着を起こすといったトラブルを起こすこともあります。

従い、自己処理による顔脱毛を行う前には、必ず、使用する脱毛器具などの使用上の注意をよく読み、適切な脱毛方法で顔脱毛を行うことで、取り返しのつかない肌のトラブルを回避できます。

ムダ毛のないツルツル、スベスベの顔になるためには、何よりも正しい顔脱毛の知識を身につけることがとても大切なようですね。


<<前の10件  1 2 3  



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。