ノーベル賞受賞成分配合の 新感覚スキンケア EGF Silky..*
まずは1ヶ月お試しください。満足いただけなければ返金いたします

エステ電気脱毛(ブレンド法)

エステ電気脱毛@顔脱毛でオシャレ顔になる

一般的に『ブレンド法』と呼ばれる電気脱毛で、1997年に日本に医療レーザー脱毛が上陸するまでは、一番多く行われていた永久脱毛法です。

ごくごく細い針をムダ毛が生えている毛穴に差し込み、電気(高周波)を流すと同時に、電気分解反応を行い、毛根を焼くことによって破壊します。

高周波だけでなくて、電気分解と組み合わせるため、この電気脱毛はブレンド法とも呼ばれます。
これは、エステで使用できる高周波の出力は低いため、脱毛効果として足りないので、電気分解のエネルギーを合わせて脱毛しているというメカニズムです。

しかし、エステの電気脱毛は、もともと出力が弱く、1本の毛根に電気を通す時間も2〜5秒とかなり長いため、その分痛みも激しいし時間もかかります。
エステの電気脱毛は、費用が時間制の場合だと、費用もかかることになります。

エステ電気脱毛をまとめますと、

・医療資格:なし。先週入ったばかりの新人エステティシャンが脱毛することもある。

・特徴:強い電流の機械を使うことができないので、弱い電流+電気分解反応の機器を使用する。

・針の種類:普通の針。

・痛み:かなり痛い。麻酔も使えない。

・時間:毛1本あたり2〜5秒。エステによっては毎週通って少しづつ脱毛。出力が弱く、時間もかかり、痛いので少しづつ脱毛する。

・費用:サロンによって自由に設定。時間制の場合、かかる時間がそのままコストに跳ね返ってくる。また、脇5万円保証!と書かれたサロンでも、さまざまな追加プランがあれば、ウン十万ということも。

・施術後の状態:ポツポツとカサブタができます。

・アフターケア:手厚いアフターケア。脱毛後に数百円のお薬しか出してくれない病院に対して、『お肌のケアをしないと脱毛効果が上がらない』、などあの手この手で数万円もするトリートメント化粧品を勧めてくることもあるようだ。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。