ノーベル賞受賞成分配合の 新感覚スキンケア EGF Silky..*
まずは1ヶ月お試しください。満足いただけなければ返金いたします

顔脱毛とは

顔脱毛とは@顔脱毛でオシャレ顔になる

顔脱毛について、悩んでいるとまではいかなくても、ほとんどの女性が面倒だなと感じているといってもいいかもしれませんね。
顔脱毛は、女性にとっても人気があって、よく顔脱毛される部分は、眉毛周り、おでこと頭の境目、口元、頬などみたいですね。

この辺りに濃い毛があったり、毛が増えてきたりしたらイヤですよね。
また、顔全体に産毛があるとファンデーションのノリが悪かったりと、お化粧にさしつかえます。
このようなことから、顔脱毛を考えている人が増えてきているようです。

まず、眉の形は、それだけで顔の印象を決めてしまうほどインパクトがありますから、眉を整えるための顔脱毛はかなり重要です。

また、女性の場合、目だつヒゲは生えてきませんが、顔の他の部分の産毛よりは、シッカリしたヒゲが生えてきますので、それを脱毛することも、やはり女性の身だしなみとして絶対必要でしょう。

さらに、顔全体の産毛を脱毛すると、驚くほど化粧のノリが良くなったりしますので、できれば顔脱毛しておいた方がいいです。


顔の永久脱毛

顔の永久脱毛@顔脱毛でオシャレ顔になる

顔の永久脱毛は、女性に人気があるそうで、脇に次いで二番目だそうです。

顔の永久脱毛の対象としては、眉毛、鼻の下のうぶ毛や頬のうぶ毛です。
女性にとって気になりますよね。

顔にうぶ毛があるのとないのとではお化粧のノリも違いますし、眉毛を希望のラインで永久脱毛してしまえば、毎日カミソリで整えなくてもよくなりますね。

顔の永久脱毛の方法としては、レーザーや電気絶縁針などで皮膚の毛根細胞を破壊することで、永久に毛が生えてこないようにします。

顔の永久脱毛を行うメリットとしては、
・脱毛の効果だけではなくシミやそばかすなどが目立ちにくくなる
・毛穴も小さくなって目立ちにくくなる
・顔の産毛を脱毛すると、化粧のノリが驚くほどよくなり持ちが違う
・顔全体がすっきりして小顔効果がある
などなど、いろいろとあります。

レーザーで行う顔の永久脱毛は、時間が短い事と痛みが少ないということで人気があります。
また、レーザーによる永久脱毛は、施術者の技術の差に左右されにくく、効果が安定しているということも安心なところです。
また、費用も針脱毛による永久脱毛よりは安いようです。

ただ、レーザーによる顔の永久脱毛は、その原理から、白髪が脱毛できなかったり、薄い産毛が脱毛できないことがあるという弱点もあります。
でも濃いうぶ毛はきれいに脱毛されますので、見た目には十分な脱毛効果が得られますよ。

反対に、針脱毛による顔の永久脱毛は、白髪の脱毛ができること、薄い産毛も含めて、どんな毛も対処できるという利点があります。

しかし、針脱毛による永久脱毛は、針を毛穴の1つ1つに刺して電流を流していくことから、施術に時間がかかり、痛みもレーザー脱毛による永久脱毛に比べて大きいことが、弱点となります。
また、針脱毛による永久脱毛には、時間がかかりますから、治療費が高くなってしまうのも、利用者にとっては大きなデメリットです。

また、針脱毛による永久脱毛は、適切に1本1本の毛の毛穴に針を刺していかなければ効果が確かなものにならないので、レーザー脱毛による永久脱毛に比べて、施術者の技術が問われると言われています。

しかし、レーザーに比べて、完全に永久脱毛できますので、本気で顔の永久脱毛したい人に向いています。とはいっても、顔で針脱毛するのは、たぶん眉の周りの僅かな毛だけでしょうから、全身を針脱毛する時のようには費用はかからないはずです。

あと、治療期間中、むだ毛を伸ばしておかなければならないため、針脱毛による永久脱毛をする女性は、冬場にされることが多いようです。


非熱式脱毛

非熱式脱毛@顔脱毛でオシャレ顔になる

非熱式脱毛とは、最新の永久脱毛法です。

非熱式脱毛の最大の特徴は、
「熱をつかわないので痛くない」
「毛周期に関係なく、脱毛期間中に抜いたり剃ったりしてもOK!」
「うぶ毛や日焼けした肌でも施術可能」
というところです。

非熱式脱毛は、全く痛みがないということもありますが、なんといっても産毛の永久脱毛も可能という点が特徴です。

私たちが気になるムダ毛の多くはこの産毛だったりします。
そして、産毛がいちばん気になるのは、うっすら生える髭だったりしますよね。
ところが、この非熱式脱毛なら、顔の産毛もOKなんです。

産毛には含まれているメラニン色素が少ないために、レーザー脱毛では十分な効果がでないことがよくあります。

非熱式脱毛は、まずDAエッセンスを対象部位に塗り、脱毛機からオゾンを噴射します。すると、DAエッセンスが不活性化成分に変化して、マイナスイオンとプラスイオンの力によって毛穴を開いていき、不活性化成分が毛根に浸透します。
すると毛根が退化し、この施術を数回繰り返すと、毛が生えてこなくなるのです。

非熱式脱毛は、レーザー脱毛と違い、すぐに毛がなくなるわけではなく、徐々に毛が細くなって、まばらになっていき、やがて完全に顔脱毛される、というゆっくりとした方法になります。

平均して3〜4回目から効果があらわれはじめるようです。
時間はかかりますが、その代わりに非熱式脱毛は痛みが全くなく、アフターケアに気を使わなくて済むことがメリットです。

デリケートな部分の顔脱毛は、非熱式脱毛がいいかもしれません。

しかも、多くの非熱式脱毛は価格もリーズナブルで、エステサロンのレーザー脱毛のコースのように何十万もかかりません。
だけど割安価格でも効果はバッチリ!

ということでかなり口コミで広がっているんです!
非熱式脱毛を行うエステはまだ少ないですが、徐々に増えてきているようですので、試してみて下さいね。


エステ光(IPL)脱毛

エステ光(IPL)脱毛@顔脱毛でオシャレ顔になる

まず、光脱毛という名称ですが、光脱毛を実施しているエステサロンや、光脱毛機の製造業者によって、その名称が異なったりしているようですが、IPL脱毛とか、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛などと言われているものは、すべて光脱毛のことです。

エステの光(IPL)脱毛とは、フラッシュライトを使用した脱毛法です。
メラニン色素に反応する特殊な光を使用して、永久脱毛をします。

医療レーザーが広まるにつれて、エステでも医療レーザーに似た機械を取り入れて脱毛を始めました。
法律上、エステでは医療機関用のレーザー機器は使用できないので、医療用レーザーと同じように黒い色素にエネルギーが集まる光(Intensive Pulse Light=IPL=フラッシュライト)を利用した機械です。

医療機関用のレーザー機器に比べ、エステサロンで光(IPL)脱毛を行う場合は、医療行為にならないように、脱毛機の出力を下げていますので、医療機関で脱毛を行う場合より、脱毛の効果は低いようです。

実際に、このフラッシュライトは、医療機関では脱毛にはあまり使えない代わり、『レジュビネーション(若返り)の治療』として効果があるようで、有名な『フォトフェイシャル』という治療に使用されています。

これは、IPLを顔全体に照射することで肌にハリを出したり、毛穴を目立たなくさせたりして、肌のキメを整えるような治療のために使用されることが多いようです。

エステ光(IPL)脱毛をまとめますと、

・特徴:エステでも使用できるIPL機械を使用。

・痛み:ほとんど痛くない代わりに、効果もあまり期待できないようだ。

・時間:両脇で5分〜10分くらい。

・費用:サロンによって自由に設定していますが、いろいろなケア用品などを追加すると、かなりな費用になることも。数年前までは脇だけで数十万円しましたが、価格競争でとても安くなりました。特にサロンの激安価格は顕著ですが、さまざまなケア用品を追加すれば、10万円超えてしまう、というのが一般的です。

・アフターケア:手厚いアフターケア。脱毛後に数百円のお薬しか出してくれない病院に対して、『お肌のケアをしないと脱毛効果が上がらない』、などあの手この手で数万円もするトリートメント化粧品を勧めてくることもあるようだ。


エステ電気脱毛(ブレンド法)

エステ電気脱毛@顔脱毛でオシャレ顔になる

一般的に『ブレンド法』と呼ばれる電気脱毛で、1997年に日本に医療レーザー脱毛が上陸するまでは、一番多く行われていた永久脱毛法です。

ごくごく細い針をムダ毛が生えている毛穴に差し込み、電気(高周波)を流すと同時に、電気分解反応を行い、毛根を焼くことによって破壊します。

高周波だけでなくて、電気分解と組み合わせるため、この電気脱毛はブレンド法とも呼ばれます。
これは、エステで使用できる高周波の出力は低いため、脱毛効果として足りないので、電気分解のエネルギーを合わせて脱毛しているというメカニズムです。

しかし、エステの電気脱毛は、もともと出力が弱く、1本の毛根に電気を通す時間も2〜5秒とかなり長いため、その分痛みも激しいし時間もかかります。
エステの電気脱毛は、費用が時間制の場合だと、費用もかかることになります。

エステ電気脱毛をまとめますと、

・医療資格:なし。先週入ったばかりの新人エステティシャンが脱毛することもある。

・特徴:強い電流の機械を使うことができないので、弱い電流+電気分解反応の機器を使用する。

・針の種類:普通の針。

・痛み:かなり痛い。麻酔も使えない。

・時間:毛1本あたり2〜5秒。エステによっては毎週通って少しづつ脱毛。出力が弱く、時間もかかり、痛いので少しづつ脱毛する。

・費用:サロンによって自由に設定。時間制の場合、かかる時間がそのままコストに跳ね返ってくる。また、脇5万円保証!と書かれたサロンでも、さまざまな追加プランがあれば、ウン十万ということも。

・施術後の状態:ポツポツとカサブタができます。

・アフターケア:手厚いアフターケア。脱毛後に数百円のお薬しか出してくれない病院に対して、『お肌のケアをしないと脱毛効果が上がらない』、などあの手この手で数万円もするトリートメント化粧品を勧めてくることもあるようだ。


医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛@顔脱毛でオシャレ顔になる

1997年に医療機関にのみ許可されて日本に上陸した、白黒の色素差を利用して黒い毛だけにレーザーのエネルギーが集まり、破壊するというメカニズムを応用したのが、レーザー脱毛です。

脱毛効果もかなり永久的になっていること、針脱毛に比べて『早い』『痛みが少ない』こと、などから一気にレーザー脱毛が広まりました。

美容クリニックや美容皮膚科でのレーザー脱毛は、医療機関でしか認められていない医療レーザーを使用して行います。
つまり、“レーザー脱毛”は医療行為ということです。
ですから、エステでは許可されないそうです。

レーザー脱毛は、レーザー光線を照射しても、メラニン色素のない周囲の皮膚に反応することはないので、やけどや色素沈着の心配もなく、ほぼ永久的な顔脱毛ができるといわれています。

レーザー照射は1回にあたり1cm×1cmくらいの大きさのものを照射、そこからずらして次の照射・・ということを繰り返して広範囲を処理します。

また、レーザー脱毛は毛が太ければ太いほど、黒ければ黒いほど、効果があります。
白と黒の色素差を利用して脱毛するため、肌の色が白く、毛が黒々として剛毛の人ほど効果が現れやすいのです。

価格も以前は脇1回15万円などとかなり高額でしたが、さまざまなクリニックが取り入れ、価格破壊が起こったことで、脇1回1万円程度になり、多くの方に身近な治療法となりました。

医療レーザー脱毛をまとめますと、

・特徴:短時間に広範囲の脱毛が可能。医療機関でしか使用できない医療用のレーザー機械を使用。
針脱毛と違い、『機械の性能』と『出力』が脱毛効果を決定します。この点は、病院の機械がエステの機械より圧倒的に有利。

・痛み:よくレーザー脱毛は無痛と宣伝されていますが、全く無痛というではない。例えば、輪ゴムでパチンパチンはじくような感触。肌が黒い部分や、毛が太い部分、ひげや性器周りなどの特殊な部分はかなり痛い。

・時間:両脇で10分くらい程度と短時間で終了する。

・回数:3〜6ヶ月に1回ぐらいが効率的なサイクル。完全脱毛するには両ワキなら5〜6回、1〜1年半くらいが目安。

・費用:病院によって自由。 クリニックによってばらつきがある両ワキで1回3万円程度なら良心的な価格といえる。

・アフターケア:お薬代数百円くらい。

・メリット:●脱毛する時間が短い
      ●広範囲にわたり脱毛ができる
      ●毛を伸ばさなくていい

・デメリット:●日焼けや色素沈着のある場合は脱毛できない
       ●うぶ毛や細い毛なども一般的には不向き
       ●脱毛後1週間は日焼けに注意が必要


医療電気脱毛(絶縁針脱毛)

医療電気脱毛(絶縁針脱毛)@顔脱毛でオシャレ顔になる

永久脱毛といえば、もともとは針(ニードル)脱毛のことでした。
従来は「痛みが強い」というイメージが強かった針脱毛ですが、最近では皮膚に熱の伝わらないように開発された絶縁針による、絶縁針脱毛で安全、確実な脱毛ができるようになりました。

絶縁針脱毛とは、毛1本1本の毛穴に細い金属針を刺し、高周波や弱い電気を流して毛包を破壊して永久脱毛する方法です。

皮膚の表面に触れる部分には特殊なコーティングがされ電気を通さないために、絶縁針脱毛は、従来の電気脱毛と違って炎症や色素沈着を起こすケースが少ないという特徴があります。
つまり、肌表面には傷が一切残らないようになっているため、肌がとてもきれいなまま、脱毛することができます。

この絶縁針脱毛は、眉などの細かい部分や、色素沈着が強くレーザーでは難しい部位に対して、特に力を発揮します。

また、絶縁針脱毛を行うには、脱毛師の資格が必要で、取得するには、医師または看護婦資格を持ち、かつ100時間以上の訓練を受け、試験に合格する必要があります。
そのため、効果もほぼ『永久』といってよいくらい確実なようです。つまり、ハリ脱毛は、脱毛師の腕に左右されますので、上手な人に担当してもらうと1年かからずにツルツルになります

しかし、エステなどで資格がない、下手な人に当たると以前と変わらず生えてくる、ということもあります。

絶縁針脱毛は、『時間がかかる』『痛い』といったデメリットもありますが、ピンポイントだと安く済ますことができますので、その都度ちょこちょこ気になる毛を処理してもらってもいいでしょう。

また、レーザー脱毛と違って、毛の質に左右されない(細い毛、色素の薄い毛も脱毛可)というメリットが、絶縁針脱毛にはあります。

医療電気脱毛(絶縁針脱毛)をまとめてみますと、

・医療資格:脱毛士の資格がある人だけが脱毛できる。

・特徴:医療機関のみが使用できる、強い電流を流すことができる脱毛機器を使用するため、高い脱毛効果を出すことができる。

・針の種類:絶縁針。病院で使用する針は、脱毛協会が特別に作った絶縁針のため、肌表面に火傷を起こすことがない。

・痛み:かなり痛いですが、麻酔を使うことができる。痛みを減らす方法としては、冷やしながら行う「冷却法」や「麻酔法」もある。

・時間:強い出力を出すことができる病院の機器は、毛1本あたり約0.5秒と、非常に短時間で処理するため、平均的な毛量の人で両ワキ1時間〜1時間半が目安。レーザーよりは時間がかかる。
また、麻酔による無痛状態だとさらに強い出力で脱毛することができ脱毛効果もさらに上がるようだ。

・回数:2ヶ月に1度くらいが効率的なサイクル。完全脱毛までは両ワキ、平均的な毛量の人で5〜6回、1〜1年半かかる。

・費用:毛量に個人差があるため、脱毛協会で時間あたりの費用が決められている。ワキの場合、毛量が少ない人で10万円程度、多い人でも15万円程度が目安。

・施術後の状態:絶縁針なので痕は残らない。

・アフターケア:お薬代数百円くらい。

・メリット:●1本1本確実に脱毛できる
      ●色素沈着している場所や日焼けしていてもOK

・デメリット:●脱毛後、毛穴が赤くなったり腫れたりすることがある
       ●毛を伸ばしておく必要がある
       ●痛みがある


エステでの顔脱毛

エステでの顔脱毛@顔脱毛でオシャレ顔になる

エステサロンは医療機関ではないので、業務に法的な規制のようなものはなく、いくつか存在するエステ協会がそれぞれ基準のようなものを整備しているようです。
エステ脱毛には、次のようなものがあります。

電気脱毛(ブレンド法)
光脱毛(IPL脱毛)
フラッシュ脱毛
プラズマ脱毛

エステで行われている、医療行為に近いかたちでのエステ脱毛は「医師法違反である」と書かれたホームページもよくあるようです。

厚生労働省は、医師の資格のないエステ従業員が脱毛の施術を行った場合、医師法違反にあたるとの見解を、さらに、医療機器でない脱毛機であっても医療資格のない者が行えば、同様に、医師法違反にあたるとの見解を示したそうです。

実際、医師法違反で逮捕されたエステ業者もいるようです。
このような状況から、最近では、美容外科・皮膚科などの医療機関と提携して、エステ脱毛の相談があると、提携先の医療機関での施術を勧めるといったスタンスをとっているエステもあるようです。

一方、エステ脱毛体験者に話しを聞いてみると、エステ脱毛の良さは、とっても心地よく脱毛してくれるところだそうです。

脱毛行為だけでなく、エステサロンならではのスキンケアーや、精神的にリラックスできることにも気を配っていたりして、あくまでも施術行為だけという感じの医療機関にはない、安らぎといったものがエステ脱毛にはあるそうです。

また、エステ脱毛では、ワックスなどを使うコースも充実しているようですし、なんとなくエステ脱毛は優しいイメージですね。

レーザーをつかうエステ脱毛の場合も、医療機関でのレーザー脱毛より低出力のレーザー機を使っていることから、回数は多くかかるもしれない反面、ゆっくり優しく脱毛してもらえる気がします。

さらに、エステなどでは、顔脱毛のカウンセリングやお試し顔脱毛の無料体験などのサービスもあるようですので、まずは、こういうのを利用して体験してみるのもいいでしょう。

結局、エステ脱毛を選ぶか、医療機関での脱毛を選ぶかは、個人の選択の問題とも言えるかもしれませんね。

早く、安く、確実にという人は医療機関での脱毛が、気分重視で、ゆっくり、優しく脱毛していきたいという方には、エステ脱毛が合うのかもしれません。

どちらにしても、口コミなどの情報をしっかり集めて、信頼できる医療機関あるいはエステを選びましょうね。


医療機関での顔脱毛

医療機関での顔脱毛@顔脱毛でオシャレ顔になる

医療脱毛とは、皮膚科や美容外科などの医療機関(病院)で、医師が患者に対して施す医療的にムダ毛を処理する治療のことをいいます。

元々は、男性ホルモンの異常により男性型の発毛が認められた女性の方、医師に多毛症と判断された方などに行われる治療行為でした。

しかし、近年、多くの女性が「ムダ毛の手入れが面倒」とか「毛深い体質にコンプレックスを感じる」といった美容的な理由で、医療脱毛を希望する人が増加、多毛症の方以外に治療のサービスを提供する病院が多くなりました。

医療脱毛は、大きく分けて以下の2つのやり方があるようです。

電気脱毛 (絶縁針脱毛)
医療レーザー脱毛

なお、医師により多毛症と判断された患者の方は、治療の一部で保険が適用されるようですが、美容的な理由による脱毛には保険は適用されないようです。


顔脱毛の方法

顔脱毛の方法@顔脱毛でオシャレ顔になる

一口に顔脱毛といっても、顔にもいろんな部位、いろんなタイプの毛があるわけですから、顔脱毛の場合には、複数の脱毛法を使うのが、好ましいでしょう。

顔脱毛の方法を大きく分けると、自己処理による脱毛、医療脱毛、エステ脱毛、の3つに分けられるかと思います。

エステやクリニックでの永久脱毛は、その後の処理が一切いらなくなりますが、他の方法と比べると少々金額がかかるでしょう。
しかし、エステや美容クリニックなどで行っている顔の永久脱毛は、最も顔脱毛の効果がある方法ですね。

この場合は、眉の周りなら電気脱毛で顔脱毛し、顔全体の産毛は光脱毛やレーザー脱毛などと、方法を使い分けた顔脱毛を薦められるようですよ。

顔脱毛の効果としては、なんと言っても脱毛後の顔のラインがスッキリして小顔にみえるということでしょうね。
さらに、顔全体がスベスベ肌になり、素肌美人になれることですね。

エステなどでは、顔脱毛のカウンセリングやお試し顔脱毛の無料体験などのサービスもあるようですので、まずは、こういうのを利用して体験してみるのもいいでしょう。

自分で行う顔脱毛の方法は、主に次のようなやり方があります。

1.毛抜き
肌を傷つけないで手軽にできるという顔脱毛の効果があります。
しかし、毛抜きを使うと時間と手間がかかること。また、肌が弱かったり繰り返し同じ箇所を抜いたりすると、抜いた部分から炎症を起こしてしまうことがデメリットとなります。

2.カミソリ
カミソリを使うと、広い範囲のうぶ毛が剃れるという顔脱毛の効果があります。
しかし、よく注意をしないとすぐに顔を切ってしまうこと。
さらに、自然に生えてきた毛は先端が細くなっていますが、剃った場合は太い部分で裁断されるため断面積が広く見えること、などがデメリットとなります。

3.電気シェーバー
最近は、顔脱毛専用の電気シェーバーなども販売されていて、カミソリよりも安全で広範囲の脱毛ができるという効果があるようです。

4.脱毛クリーム、ワックス
脱毛クリームや脱毛ワックスを使うのも、お肌に合えば手軽に顔脱毛ができるという効果があるようです。
ただし、敏感肌の方には肌あれなどのトラブルが起こる可能性がありますし、場合によっては肌まで溶かしてしまうこともあるので、充分な注意が必要です。

5.市販の家庭用光脱毛器
永久脱毛は、家庭でも手軽に出来るものがあります。
家庭用光脱毛器は、フラッシュライト方式のものやピンポイントで処理できるものなど、価格と共に各種販売されています。
顔脱毛後に、アンチエイジングコスメを使ったりすると、効果があがるそうですよ。

顔脱毛の処理を自分で行う方は、気軽に家庭で行え、費用も安価で済みます。
しかし、間違った方法で処理し、皮膚を傷つけたり、炎症などを起こすなどのトラブルにあう方も多いようです。
他にも、毛穴の黒ずみや肌荒れ・埋没毛・ばい菌の進入による毛穴の化膿などもよく起こり得るそうですし、色素沈着を起こすといったトラブルを起こすこともあります。

従い、自己処理による顔脱毛を行う前には、必ず、使用する脱毛器具などの使用上の注意をよく読み、適切な脱毛方法で顔脱毛を行うことで、取り返しのつかない肌のトラブルを回避できます。

ムダ毛のないツルツル、スベスベの顔になるためには、何よりも正しい顔脱毛の知識を身につけることがとても大切なようですね。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。